【シーバスと嫁とお金と仕事】

シーバスフィッシング
スポンサーリンク

 

 

 

  

 

  

 

 

 

 

スポンサーリンク

奥さんとシーバス

  

 

 

僕は魚釣りをする上で、過去に弊害に感じた事があります。 

 

 

 

  

 

 

 

 

それはまずは奥さん。笑

  

 

 

 

 

  

 

  

 

 

釣りに行くことに関しては、ヤンヤン言う事はありませんが、お金が絡むと大変ややこしい。笑

 

 

 

  

 

 

     

 

 

 

僕はこれまでかなり釣りにお金をつぎ込んできたので、当たり前ですが浪費と感じている奥さんからするとこれをなるべく阻止したいわけです。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

  

  

 

そこで何か手はないかとあれこれ考えてみました。

  

 

 

 

 

 

  

 

 

 

そして自分にとって釣りは何になるのかを真剣に考えました。 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

なぜそんな事を真剣に考えなければならないかというと、奥さんからしてみれば浪費、または時間を釣りに使い過ぎみたいな考えがあることは分かっていたからです。

 

   

 

  

 

  

  

  

 

 

夫婦は他人同士が同居しているわけですから、考え方や思考が違っていて当たり前です。

 

 

 

 

   

 

 

   

 

いわばその大切な他人に、理解を示してもらうために釣りは自分にとって何なのか真剣に考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕にとって釣りは、史上最強のストレス解消です。

 

  

 

  

 

   

 

  

 

例えば仕事でうまくいかない時や、嫌な出来事に遭遇した時、海を目の前にしてルアーをバンバン放り投げるだけで悩みがアホらしく感じてきます。

 

 

  

 

 

  

 

 

 

  

 

当然、過去に何度もそんな事があり、積みかなさなって僕と釣りとの関係が成立しているわけです。 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

生きていく上でそんな関係を築き、趣味に没頭出来る幸せを感じられるだけで、どれだけ幸せな事か気付くことができました。

 

 

 

  

 

 

 

  

  

 

 

 

そこで僕は奥さんに対して2つの事を実践しました。

 

   

 

   

   

 

 

 

 

まずは時間の使い方。

 

  

  

 

 

 

 

僕にとって釣りは大切な幸せを感じられる時間だということをアピールし続けました。

 

 

   

  

 

 

  

 

  

『釣りしてるだけで幸せな気分になるよ!』

 

 

  

 

 

  

 

『楽しかった!(釣れなくても)』

 

 

  

  

 

 

『釣りって最高』 

 

  

 

 

 

 

 

 

このように言葉で説明してみたわけです。 

 

    

  

 

  

 

 

親子ですら言葉を通じて理解しあえる関係なのに、夫婦間で言葉なしで成立するわけがありません。

 

 

    

 

 

  

 

だから僕にとって大切な時間だよという気持ちを、言葉を使って分かってもらうように努力しました。

 

 

  

 

 

  

 

  

    

  

 

  

 

 

シーバスとお金

 

 

 

 

 

 

   

  

問題のお金です。

  

 

 

  

 

  

 

 

 

どうしても、お金を釣りに使おうとなると多分何処でも揉めると思います。

 

    

 

 

 

 

  

  

  

皆さんにとっておきの情報と解決策をお教えします。

 

 

   

 

  

 

 

 

  

釣りに限らずとも、趣味にお金を使うという点で誰しもが当てはまると思うので是非実践してみて下さい。

 

 

  

 

  

 

  

 

 

 

 

答えからいきます。

 

 

  

  

 

 

  

 

 

 

 

 

 

それは愛情表現することです。

 

 

  

 

  

 

  

  

 

  

 

この時点で奥さんに、愛情表現出来ないって思ったなら諦めてください。

 

 

   

 

 

  

  

 

  

 

それぐらい重要です。

 

  

  

  

  

  

 

 

嘘かと思うかもしれませんが、僕はこれで一発解決しています。

 

  

  

  

  

 

 

  

 

 

奥さんからすると、釣り道具を買うか買わないかよりも、釣り道具を何故買おうとしているのか理解してもらおうとする気持ちの方が遥かに大切だからです。

 

  

  

 

  

 

 

  

  

  

 

 

釣り道具を買いたい時に、いきなり熱い話をしても理解不能です。 

 

  

 

   

 

  

  

 

 

だから、毎日愛情表現をして、毎日奥さんの事を理解しようと頑張ってみてください。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

僕はかなり亭主関白よりで、ひどい口調で怒鳴りつけたりするようなダメ夫でしたので、巻き返しがかなり大変でした。笑

 

 

 

  

 

  

 

 

  

 

 

 

嘘に聞こえるかもしれませんが、マジな話です。

 

  

  

 

 

    

 

 

 

 

自分が愛情表現をして、奥さんの事を毎日大切に思うようになってからは、毎日が太陽に照らされた海辺のようにキラキラです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの話と仕事も同様です。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

当たり前ですが、お金がないと釣り具は変えません。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

お金は働かないと入ってきません。

 

  

  

 

 

  

 

 

 

仕事をする上で、もし会社への不満や上司への不満を居酒屋で愚痴っているならマジでやめた方が良いです。

  

 

  

 

 

 

 

 

 

僕も経験者なのでよくわかります。

 

  

  

  

  

 

  

 

 

不平不満ばかり口にするときは、不平不満をいうような結果しか訪れませんでした。

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

収入を増やすという事は、今が楽しくて仕方ないと思い込ませる精神力や、今あるものにしっかり目を向けて、無いものを嘆かないことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長くなりましたが、釣りに使う時間やお金をもっと増やしたい方は、小手先の技術なんてものは使えません。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本質的に何が自分を幸せにするか考える事です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今よりもっと釣りに時間とお金を使う方法。 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

とにかく奥さんの事を大切に思い、言葉にすること。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事で誰かに喜んでもらう回数を増やすこと。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

遠回りのように見えて、一番の近道です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はこれをとにかく愚直に意識して全てが変わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気付いた時には、釣りどころか奥さんや仕事、その他すべて、生きることそのものが楽しくて感謝しかない今を手にいれる事が出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも奥さんからは愛情表現が足りないって言われます。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せにゴールなんか無いので、日々精進したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました