【シーバス福岡:古賀サーフの魅力とおすすめジグ】

シーバスフィッシング
スポンサーリンク

 

  

 

この季節になると行ってみたくなるのが僕の地元、『古賀サーフ』です。

 

 

 

古賀の青柳川(大根川とも呼ばれてます)の河口部に位置しているサーフです。

 

 

 

 

 

 

河口部のみ水深が深くなっています。

 

新宮の方に歩きながらジグを投げたり、鉄板バイブを投げたりします。 

 

  

ここは毎年このぐらいの季節になるとイワシが入り、一回入ると1週間から2週間くらいイワシが居た事もありました。

 

 

基本的に遠浅なのでウェーディングで遠投は必須です。

 

 

 

 

 

  

シマノ、スピンビームが良いです。 

  

 

 

Mクラスのロッド持ってて、これ持ってない人マジでポチッたほうが良いです! 

  

 

 

あのー。

 

 

 

むちゃくちゃ飛びます。

 

 

 

ほんと飛びますよ?笑

 

 

 

 

志賀島サーフや西戸崎サーフでも使用しますが、飛距離から受ける恩恵はデカいです。

 

 

 

動きはタダ巻きで釣れましたよ。 

 

  

レンジをキープしながらヒラヒラと泳がすイメージです。

 

 

スポンサーリンク

続いて細かいポイントの紹介です 

 

  

 

下記のように中央の河口が①、新宮側が②、福津側の小規模河川の河口が③。

 

 

僕はこの周辺で釣りをします。 

 

 

 

  

まず①です。 

 

 

先に行っとくと、満潮時にここで釣りすんのは辞めた方が良いです。 

 

 

死にます。 

 

 

過去に何人か流されて亡くなっています。 

 

 

満潮時や波が高い日はこの周辺で釣りをしないことを前提に情報を公開します。

 

 

 

①は河口周辺のみ水深が深いです。

 

 

イワシが入ってくれば、シーバス以外にもマゴチやヒラメが釣れるそうです。

  

 

前にブリをルアーで釣りあげたと聞いたことがあります。 

 

 

この周辺はとにかく遠浅なので、水深があるこのエリアはかなり優良ポイントといえます。

 

 

 

 

 

②は遠浅ですがイワシが入ればボイルもバンバン見れますし魚影が濃い海に一変します。

 

 

逆に言うと古賀サーフは普段は魚影の薄い海と言えます。笑

 

 

しっかりと遠投して魚がいるブレイクまでルアーが入れば釣れます。 

 

 

 

  

 

 

続いて③は結構な穴場です。

  

 

 

この小規模河川には以外にもベイトがウジャウジャいます。 

 

 

ここも遊歩道のようになっていてその先は水深があります。

 

 

ここも注意しながら釣る必要があります。

 

 

 

昔、学生時代にここでキス釣りをしていたら60cmくらいのシーバスがヒットしたこともあり、何度か状況を見て通っています。

 

 

 

結構寒くなってもベイトや流れがあれば釣れる印象です。

 

 

 

あと凪の時に行った方が安全面にしても、流れを掴むにしてもメリットが多いです。

 

 

  

博多湾は地形的にもハイシーズンはかなり安定的な釣果を出すことが可能ですが、一度寒くなって魚が逃げるとセイゴしか釣れなくなる印象があります。

 

 

 

その点、玄界灘などの外洋シーバスはベイトの有無によってスズキサイズが寒くても釣れるという事になります。

  

 

 

しっかりと海を見る時間があったり近所の方は覗いてみて下さい。

 

 

 

地元の人に聞いたり、釣りしている人数を見ればすぐに分かると思います。

 

   

 

 

 

 

 

おすすめルアーの補充もお忘れなく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました