デイゲーム必須アイテム:おすすめ鉄板バイブ

シーバスフィッシング
スポンサーリンク

 

今回はデイゲームでは絶対に必須アイテムの鉄板バイブについて書きたいと思います。

 

 

はっきり言いまして場所によって効果がある鉄板バイブは違います。 

 

例えばサーフで使う鉄板バイブは色や泳ぎは、、、

 

などなど僕が実際に使ってみて各所で効きまくっていた鉄板をご紹介します。  

 

 

 

まず色々な事言わず、このトレイシーが多々良川河口においてはダントツの実績です。 

 

詳しいポイントは他記事で見つけて下さい。

 

色は添付の赤かブルーブルー、SGOという色がありますがこの3つならデイゲームで使えます。

 

そして大切なのは重さです。

 

15gじゃないとダメです。

 

理由はいっぱいあります。

 

1つはここで20g以上の重さのバイブレーションを使うと回収時、足元の牡蠣殻に当たってルアーをロストする可能性が上がります。 

 

そしてもう一つ、これは何処の場所でも同じですが、擦れてる魚に比重の重たいルアーは不適切です。

 

なるだけ軽く、浮き上がりにくく。がベストです。

 

そして開発者の村岡さんの名言の中にバイブレーションは水面、またはボトムと平行に泳ぐルアーであればあるほど釣れる。というものがあります。

 

 

多々良川のように完全な回遊だけじゃない魚に口を使わせるのに最適です。

 

ちなみに僕はこのルアーを各色5個以上はストックしています。

 

お金があるうちに買ってロストした時のショックを抑える作戦です。笑

 

皆さんもせっかく楽しい釣りにいくのにルアーロストでテンション下がる事もあると思います。

 

ここで干潮時に油断して足元までゆっくり回収しているとロストしてしまいますので注意して下さい。

  

 

 

  

 

 

スポンサーリンク

続いて福岡シーバスで僕が最もお世話になっている西戸崎サーフでの有効バイブです

 

それは皆さんご存じのこれです。

 

 

もうこれは殿堂入りです。

もっというと多々良川でもめちゃくちゃ使います。笑

僕の中でベストオブベストです。

使った事がある方は分かると思いますが、アピール力と波動がとにかく絶妙です。

釣れそうな動きにしか見えません。

更にトラブル少ない、飛行姿勢◎、タダ巻き以外のリフト&フォール、ストップ&ゴーなどルアーを動かして釣る動作にも完璧に作用します。

 

ただし、これも自重が大事です。

13gなのです。

20g超えると飛距離が数メートル延びるだけで集魚力が弱いです。

ここで大切になってくるのがロッドです。

13gの鉄板を投げてもしっかり曲がり反発を利用して70~90m飛ばすテクニックを補ってほしいです。

僕はバス釣りから転向して、飛距離を力任せにしていたので苦労しました。

めちゃくちゃ勉強して上達しました。

 

 

その他僕が保持している2つの鉄板を紹介します。

 

 

 

 冷音14gです。

 

場所によって使い分けますが、比較的波動が強く2つのアイがあるので調整が効くので便利です。

リフト&フォールもテンションを緩めすぎなければ普通に使えます。

タダ巻きでも十分に使えるルアーです。

 

  

  

 

最後はリアルスティール26gです。

 

何故このバイブだけ自重が26gかというと、沖堤やサーフで遠いとこにナブラが湧いてたりした時の為です。

とにかく飛行姿勢がよく、飛びます。

  

このルアーを使うときはシマノでいうとM(ミディアム)くらすのロッドがいります。

 

先日僕が買った下記ロッドは、近年のロッドの中で革命的なロッドです。

ビックリするくらい軽い。強い。感度抜群。

買ってこんなに100点を出せるロッドは初めてです。

このロッドは軽い14gの鉄板もしっかり飛ばせます。

次は86MLのジェノスを買います。笑

  

 

ロッドとリールに関していえばシーバスを始めてからシマノしか使っていません。

機会があれば道具の紹介もしていきたいと思います。 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました