博多湾:多々良川:新発見!

シーバスフィッシング
スポンサーリンク

 

 

 

今回の発見は、潮が動かない時の立ち位置についてです。 

 

  

僕が通っているこのフィールドは地形の変化があり、流れが出やすい場所、ベイトが溜まりやすい場所など一つのフィールドに多くのスポットがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が基本的に最初に攻めるのは水門付近です。

 

 

 

理由はベイトが溜まりやすく、流れさえ効けばバイト率が上がるからです。

 

 

 

でも逆に言うと流れが出なければ、いくらベイトがいっぱい居てもシーバスが口を使わないのでバイトの率が減ります。

 

 

 

 

そこで川幅が狭く、流れが出やすい橋脚側に移動していきます。  

 

 

 

橋脚側は、橋脚はもちろんの事水深があるという特徴もあります。

 

 

潮が小潮や若潮、長潮などの場合はこれらの特性をフルに生かし少ない時合をモノにしていくイメージです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

昨日の釣行はでヒイラギがベイトであったというプラス要素がありました。

 

 

ヒイラギが群れで泳いでいるのを見たことがある方は分かると思いますが、魚体側面が真っ白で体を動かす度にギラギラ光ります。 

 

 

  

シルバー系の鉄板バイブでリアクションでバイトを誘います。

 

  

 

昨日も時合いの最中にタダ巻き、速巻きなど試しましたが全てリアクションバイトでした。

 

 

 

まるでジグをシャクるかのように竿を振り止めた時にドスン!みたいな感じです。

 

  

 

 

 

僕は基本的に潮が良いを探して釣りに行ってましたが、やはり勉強の為に流れが出にくい状況でも釣り切る練習は大事だと痛感させられました。 

 

 

 

 

皆様も是非、ここで実績を上げてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました