博多湾:西戸崎サーフにおける釣れる条件

シーバスフィッシング
スポンサーリンク

 

 

 

私はデイゲームのシーバスが好きです。

 

エラ洗いが最高で一目見た時から虜です。

 

特に西戸崎では長年シーバスを続けてきました。

 

 

 

 

 

一つの場所に通いつめ、何処にでも通用する感覚を手にすることが出来ました。

 

 

 

ここで西戸崎のサーフにおいての特徴を紹介します。

 

①つは写真にもあるように西戸崎のサーフは地形上、張り出して岬になっており

潮通しが良いことが特徴です。

 

 

ずばり流れが点在しやすい場所であると言えます。

 

流れの中にルアーを通す方がより釣れるという事は皆様ご存じの

通りですが、潮通しが良い場所は『釣れる時の流れ』と出会う可能性も高くなります。

 

 

しかも西戸崎は博多~西戸崎~志賀島へと船が行ったり来たり。

嫌でも大型のウェーブが付きまとい、『大きな流れの変化』が定期的に現れます。

これは西戸崎サーフならではのような気がします。

 

 

 

②つ目は水深です。

以外に深いです。

しかもいきなり深いです。

 

 

 

新規開拓の場所に行って3メートル以上ないとデイゲームで釣れた事がありません。

 

 

スポンサーリンク

絶好ポイント

 

 

 

 

 

  

例えば入り口正面のこの場所。

 

波打ち際から10メートルもいけば水深5メートル以上。

 

 

 

何度も手前のかけあがりで美味しい思いをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

3つ目はルアーの選択です。

 

 

 

サーフで勝負するには70~100メートルはルアーを飛ばす必要があります。

しかもデイゲームでは基本的にボトム側をトレースしたほうが釣れる確率は上がります。

 

  

 

よって

 

 

 

 鉄板バイブがかなり有効。

 

 

 

そして私は鉄板バイブマニアです。

 

 

 

機会があればルアーの記事も投稿致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました